読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国高校サッカー選手権

こんばんは、yoshi-naoです。

 

私は普段テレビをほとんど見ないのですが、
この年始に関してはけっこう昼間から
テレビに釘付けになってしまいます。。

 

(有り難いことに仕事はいつでもどこでも好きな
時にできるので、最近夜型になりつつあります)

 


何の番組を見ているかと言うと

全国高校サッカー選手権」です。

毎年の恒例行事として欠かせません。

 


キャプ翼世代なので小さころからずっと
サッカー選手に憧れて育ちました、

ですからJリーグが始まる前から

 

この正月の高校サッカーは見ています。

憧れだった選手たちが、いつの間にか自分自身よりも
年下の世代になってしまっても変わらぬ憧れがあります。

 

 

甲子園よりも断然感動するのは
私がサッカー好きだからなのですが、
開催時期にもあると思っています。


甲子園は春夏が山場ですが、
高校サッカーは正月が山場です。

 

高校生にとってこの時期は進学や就職へ
向けてとても重要なタイミングです。

 

 


高校3年生のこの時期というと、本当なら
進学を控えて部活どころでは無いのが高校生です。

 

しかし、そんな中にあっても大好きなサッカーで上に行くため、
少しでも続けたいためにみんな苦しい練習に耐えて、
多くの3年生が残ります。

 

引退をかけた最後の戦いまで練習に明け暮れ、
そして県予選などを勝ち抜いてきた選手たちなのです。

 

 

もちろんその中には途中でレギュラーに
残れなくて、泣く泣く勉強に専念する子もいます。

 

また、逆にベンチにすら入れなくても応援団
として3年生でも残って共に戦う子もいます。

 

そんな同志達の想いを背負って、3年間の
苦しかったことや楽しかったことの全てを
1戦1戦に掛けて戦っています。

 

 


そして歴代の先輩達や、応援してくれる家族や、
サッカーとは関係のないクラスの友だちや、
指導者の先生たちや、地元の方や地区戦で
倒してきた相手チーム、みんなの想いも背負って。

 

これが高校生活最後の試合となるかも知れないと
覚悟を決めてホイッスルの音をピッチ上で聴きます。

 

 

そんな姿を見て、年齢に関係なく本当に
カッコイイなと私は思って感動します。

 

一つ一つの高校に、一人一人の選手に
ドラマがあって、物語があります。

 

 

 

今大会では佐野日大駒場高校に勝った試合を
見て感動して泣いてしまいました。

 

後半終了間際まで1対1の同点でPK戦で決着か
というギリギリのロスタイム中に、佐野日大の10番の
選手がゴールを決めました。

 

そして、そのまま試合終了へ。

 


駒大高校の選手たちのほとんどは泣き崩れていました。

 

正直レベルで言うと若干駒大高校の方が上だったように感じました。
しかし勝負とは理解らないもので、こうして明暗が分かれてしまいます。

 

 


人によってはこれでサッカーの道をやめてしまう子も多いです。
そんな事を思いながら見ていると、本当に心が熱くなります。

 

決勝ゴールを決めた佐野日大の10番の選手がインタビューで

 

「苦しい時間帯をみんなが耐えてくれて繋いでくれたボール

だったので、決めたかった。」

 

というような事を言っていました。

 

 

 

同じ目標に向かって戦える仲間がいるということは

本当に素晴らしいことだと思います。

 

仲間と共に一つのボールを追いかけたという
ことは本当に大きな財産になると思います。

 

 


そして本日はその佐野日大(栃木)が
伝統あるお隣県の前橋育英(群馬)と戦い、
惜しくも破れてしまいました。

 

残念でしたが、やはり前橋育英も強かったですね。
感動しました。

 


自分でビジネスをしていると
やはり全てが上手くいくという
ことはありえません。

 

私もかなり苦しい思いを何度も経験して来ましたし、
八方塞がりのときもありました。

 

 


それでもコツコツと歩を進めてこれたのは、
サッカーに対して注いだ熱意を、別のものに
何かぶつけたいと思って頑張ってきたからだと
思っています。

 

多くの高校サッカー選手はプロにはなれません。

 

なれた人でも活躍できるのはまた一握りです。

熱い思いで努力を重ねても、その全てが報われる
ということは無いと思います。

 

 

でも、その想いや努力の習慣が
必ず人生に役に立つ時が来ます。

 

私もサッカー選手は無理なんだと悟った時に、
その熱量を何か他のものにぶつけたいと思いました。

そうやって何かに掛けて人生を過ごしたいと考えました。

 


その対象が色んな形として現れましたが、
今は自分のビジネスがそれになっています。

 

サッカーにぶつけた以上の熱量を
もっともっと出して行きたいと思っています。

 

本当にその経験をして良かったなと思いますし、
今日負けてしまった佐野日大の選手や、他のチーム
の選手たちにもそうであって欲しいと思います。

 

 

 

下記のメルマガでは毎日ビジネスや、
自由に生きる=自分らしく生きるための
有益な情報を配信しています。

 

http://yoshi-nao.com/

 

興味があれば覗いてみてください。

 

 


高校サッカー、あと数試合も楽しみです。